アミノ酸シャンプーの危険性?意外と知られてない欠点とは?

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪の毛に優しい成分であるアミノ酸を主成分として作られているシャンプーです。

安全性が高いことから敏感肌や乾燥肌、アトピー肌や赤ちゃんにも使われている人気のシャンプーなのですが、そんなアミノ酸シャンプーに危険性があるのでしょうか?

アミノ酸シャンプーを使っている私自身知らなかった欠点もありましたので、これからアミノ酸シャンプーを使おうと思っている人だけなく、現在アミノ酸シャンプーを使用している人も御覧ください。

 

アミノ酸シャンプーの欠点とは?

まじ初めにアミノ酸シャンプーの特徴をお話しますと、アミノ酸シャンプーには以下の洗浄成分が配合されています。

  • グルタミン酸
  • アラニン
  • グリシン
  • サルコシン

これらの洗浄成分は種類にもよりますが、

  • 泡立ちが悪い
  • 洗浄力が弱い

といった特徴があります。

つまり、、、

アミノ酸シャンプー=洗浄力が弱く泡立ちも悪い

といった欠点があります。

そんなデメリットを改善する為に、洗浄効果が高く刺激が強い硫酸系の界面活性剤を使用しているアミノ酸シャンプーもあります

これではせっかくのは肌に優しいアミノ酸シャンプーの意味がありませんね(汗)

ですので、アミノ酸シャンプーを見極める為には成分に注目する必要があります。

 

もう一つアミノ酸シャンプーの欠点を挙げるとすれば、髪の毛や頭皮に吸着しやすい性質があるということです。

これがどういう効果をもたらすかと言いますと、シャンプーをすすいでも髪の毛や頭皮に残ったままということになります。

アミノ酸シャンプーは、低刺激で安全性の高いシャンプーで良いところずくしのシャンプーだと私も思っていましたが、残留ということを知ってからは、流しをしっかりと行うように心がけています。

 

アミノ酸シャンプーに限らず界面活性剤は欠点

ここまでアミノ酸シャンプーの欠点について紹介していきました。

しかし一番の問題は界面活性剤です。

アミノ酸シャンプーは低刺激で安全性が高いと言われても、界面活性剤である以上、頭皮や髪の毛には少なからず悪影響を与えます

だって界面活性剤は水と油を混ぜるためが目的の成分ですよ?

見るからに頭皮や髪の毛には悪そうですよね(笑)

  • オーガニックシャンプー
  • 天然由来
  • アミノ酸シャンプー
  • 低刺激
  • 安全性が高い

様々な謳い文句がありますが、界面活性剤(シャンプー)である以上少なからず頭皮や髪の毛には悪影響を与えます。

それら悪影響を与えるシャンプーの中でも低刺激で安全性が高いと思われるのがアミノ酸シャンプーです。

  • 敏感肌
  • アトピー肌
  • 赤ちゃん

様々な人に使用しやすいシャンプーかと思いますよ。