アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは

アミノ酸シャンプーを調べているとよく見かけるのがノンシリコンシャンプーという名称です。

アミノ酸シャンプーをさがしている人の多くは刺激性が低いシャンプーを探している人が多いと思いますが、同じく刺激性が低いと言われているのがノンシリコンシャンプーです。

アミノ酸シャンプーノンシリコンシャンプー違いは?どちらの方が良いの?

と悩んでしまいますよね。

この記事ではアミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについて紹介していきます。

 

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの共通点

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーには共通点がいくつかりますので、まず初めにその共通点を解説してきますね。

  • 洗浄力が強くない
  • シリコンはどちらも入っていない

市販されているシャンプーのほとんどのには汚れを落とす為に洗浄効果が高い成分が配合されています。そんな洗浄力で傷んでしまった髪の毛の表面をケアするためにシリコンが配合されています。

このシリコンは髪の毛の表面だけをコーティングしてケアするだけですので、髪の内部は傷んだままですし、頭皮の毛穴にシリコンが詰まって痒みをもたらす可能性があるのです。

そんなシリコンが不使用で洗浄力も強くないのが共通点です。

 

 

アミノ酸シャンプーのメリットデメリット

アミノ酸シャンプーは私達の髪の毛や身体を構成している成分と同じ成分で作られたシャンプーですので肌に馴染みやすく刺激がすくないという特徴があります。

しかし刺激が少ないがゆえに洗浄力は低いため、整髪剤などは1度では洗い流せないばあいがありますので2度洗が必要になります。

メリット

  • 保湿力で乾燥を防ぐ事が可能
  • 低刺激なので敏感肌の人や赤ちゃんでも使用可能
  • パーマやカラーリングの傷みに対応可能

デメリット

  • 洗浄力が弱い
  • 価格が高い

 

ノンシリコンシャンプーのメリットデメリット

シャンプーには髪の毛のツヤ出しとして配合されているシリコン。そのシリコンを配合していないのをノンシリコンシャンプーと言います。

シリコンでツヤを出すといっても表面だけをコーティングした誤魔化しでしか無いため、根本的な髪のケアには何もつながりません。むしろ毛穴にシリコンが詰まるといったデメリットや美容成分が髪に浸透できないといったリスクがあります。

ノンシリコンシャンプーはツヤ出し成分が配合していないのでパサつきやすい・きしむ・手触りが悪くなるといった特徴がありますが、髪本来の綺麗さを取り戻すためには必須です。

メリット

  • 髪の毛が軽くなる
  • 頭皮や髪の毛が健康になる

デメリット

  • 髪の毛がパサつく
  • きしむ
  • 手触りが悪くなる
  • ヘアアイロンのダメージが直でくる