アミノ酸シャンプーはトリートメント不要?|シャンプーとリンスの関係性

シャンプーをした後はトリートメントやリンスをしますよね?髪を乾かした時サラサラ感が出るのでリンスを使っている人も多いはずです。

しかし、アミノ酸シャンプーはトリートメント不要といった話しをよく聞きます。

トリートメントやリンスが無くても良いのでしたら金銭的に嬉しいですよね。

この記事ではアミノ酸シャンプーとリンス・トリートメントの関係性について紹介していきたいと思います。

 

シャンプーとトリートメントの関係性

結論から言うと、アミノ酸シャンプーにリンスやトリートメントは人によっては必要です。

  • シャンプーというのは「陰」イオン界面活性剤という成分で作られており、髪の毛にマイナスの電荷を与えています。
  • リンスやトリートメントは「陽」イオン界面活性剤という成分で作られており、髪の毛にプラスの電荷を与えています。

シャンプーとトリートメントにはこのような性質があり、マイナス電荷の影響で髪の毛にごわつきが生じ、プラス電荷の影響で中和するということになります。これがシャンプーとトリートメントの関係性です。

 

 

でもシャンプーとトリートメントって2回も洗わなければいけないって面倒では無いでしょうか?

私も面倒で途中からトリートメントを使わなくなっちゃいました(笑)

でも髪の毛のごわつきは無くしたい。。。

って思いますよね。

そこで注目ずべきなのがアミノ酸シャンプーです!

 

アミノ酸シャンプーは電荷が弱い

アミノ酸シャンプーは肌や髪の毛に負荷や刺激が少なく安全に使用できるシャンプーとして有名ですが、他にも特徴があります。

それがアミノ酸シャンプーは陰イオン界面活性剤のマイナス電荷が弱いということです。

アミノ酸シャンプーは陰イオン界面活性剤ではありますので、少しごわつきを感じるかと思いますが、電荷が弱いため空気中の電荷と中和してごわつきがそこまで広がらずにすみます。

 

しかしアミノ酸シャンプー自体にトリートメント効果は期待できません。アミノ酸シャンプーには色々な種類がありますのでシャンプーによって異なりますが、シャンプーは洗剤なのでトリートメント効果は無いと思っていただいてOKです。

 

まとめ

アミノ酸シャンプは髪の毛のごわつきを少なくすることが出来るシャンプーということですので、そのままアミノ酸シャンプーだけ使って満足する人もいると思いますが、人によってはアミノ酸シャンプーだけでは満足できずにトリートメントやリンスが必要になる人もいるかと思います。